昨今のバイナリーオプショントレーダーの急増に伴い、バイナリーオプション業者も国内外問わず増えています。

特定の業者に特化して、その業者が提供する取引ルールを極め、利益をコツコツ積み上げていくトレードスタイルを持っている投資家もいるでしょう。

しかし、一つの業者とある特定の取引だけにしか投資ルートを持っていない場合、リスクを回避することができない場合もありますので、相場の動向や景気にあった取引がいつでもできるよう、業者や取引ルールを複数使い分けることもまた利益をあげる上では良い選択肢であると言えます。

業者を選ぶ際には、使いやすさや、サポート体制が整っているか、好きな銘柄があるか、向き不向きなどで決めるのも良いですが、業者によっては他にはないユニークな稼げるルールを提供しているところもありますので、それを活用して利益を得るのも一つの手です。

例を挙げると、ロールオーバーといって、取引において不利な状況が続いてしまった場合に、負けたまま取引時間が終わってしまわないように、少し取引時間を延長して、大逆転のチャンスを得ることができるシステムがあります。

もう少し取引が継続できれば勝てたかもしれないのに、というケースにこれは大いに役立ちます。

 

またこちらのバイナリーオプション必勝法まとめブログに書いてあるダブルアップというルールを使えば、反対に勝っている取引において、取引終了前に投資額を開始時より増やすことができるのです。

以上のように利益をあからさまに獲得できる良いルールを使って、上手に勝率を上げましょう。

 

バイナリーオプションには様々な取引ルールが存在します。

口座を開設した業者によっても取扱ルールが異なったり、似たような取引ルールでも画面やチャートが違うので、トレーダー個人によっても得意不得意、向き不向きがあるでしょう。

業者によって特別ルールのユニークな取引を行っているところもありますが、認知度も高く多くの業者が取り扱っているものに、ハイ&ロー、レンジ、ワンタッチ、60秒トレードなどがあります。

今回は、ワンタッチについてわかりやすくご説明しましょう。

まず、ワンタッチについてですが、指定された時間内に、指定されたレートに相場が届くかを予測するのがルールです。

ここで求められる能力は、ただ単に目標値にレートが到達するか見極めることができるかどうかですが、決して単純に2択から選択すればよいということではありません。

現在トレンド相場なのか、レンジ相場なのか、また各国の指標発表が行われる相場が急変する時間帯かどうか、何か突発的にニュースは入ってきていないか、などテクニカル分析・ファンダメンタル分析をしっかりと行って、予測を立てていく必要があります。

そこから、タッチするかしないか、見極めることが大切なのです。

例えば、到達すると予想した場合、指定された時間内に一度でも条件をクリアすればそれで勝ちということにはなりますので、冷静に正確な判断ができれば高い確率で的中させることは決して難しくはないでしょう。

バイナリーオプションの取引を攻略して成功への道をつかむためには、ポジションサイズの監理も重要な要素となります。

ポジションサイズは、1回のトレードに対しての損失の値を意味します。

利益を得るためにトレードを行いますので、この損失がどれくらいなのかというポジションサイズをしっかりと把握しておくことで、大きな損失をしてしまうリスクを軽減することができます。

つまり、投資をして行く中で、投資につぎ込む金額の分配比率をしっかりと把握し、考慮しながらトレードを行うことはとても大切だということです。

バイナリーオプションでは、総資金の2%から5%をポジションサイズとして1回の取引に当てるのを目安とするのが基本です。

初心者の方は、少ない投資額から始める方もいらっしゃるかと思いますので、ポジションサイズが総資金額をしめる割合はもう少し高めになるかもしれませんが、徐々に取引になれてきたら2%から5%ほどが目安になると覚えておいてください。

例を出しますと、投資金額が200万円あった場合に、ポジションサイズが5%であれば、一度の取引に10万円投資することができます。

バイナリーオプションの勝率は50%以上ですので、この勝率で資金が底をつくまでには20回連続で負けたことになります。

熱くなって無茶な取引をしない限りは20回連続で負けるようなことを犯してしまうトレーダーはいないと思いますので、いかにこのポジションサイズが有利かおわかり頂けると思います。

バイナリーオプションの取引ルールには業者によっても様々あり、各トレーダー達にとっても得意不得意なものがあるかと思います。

そんな中でも、知名度も高く人気があるのが60秒トレードです。

60秒という非常に短い時間で取引を完了することができる為、忙しく時間があまり取れない人や、早く決着をつけたい人にとても向いています。

相場の値動きは常に変動していますが、よほどのことがない限り1分間と言う短い時間に相場が急激にトレンドを変えることは少ないため、他の取引ルールより高い確率で取引を成功することができると言われています。

予測も非常に立てやすく、チャートなどを活用しながらしっかりとトレンドを把握することができればバイナリーオプション必勝の強い味方となってくれる取引です。

特にトレンドの傾向が明確で、そのまま方向性が変わらない可能性が高いタイミングでエントリーすれば予測を的中させられること間違いないでしょう。

トレンドをしっかりとつかむこと、チャートを読み取ること、無茶な取引をしないこと、このような基本ルールさえ破らなければ、例え初心者のトレーダーにも、60秒トレードに勝つことは決して難しいことではありません。

しかし注意しなければならないのは、チャートだけを見て取引に臨むのではなく、突発的なことが起こる可能性はゼロではありませんので、ファンダメンタルズ分析にも手を抜かず、相場の状況を冷静に見極めるようにしてください。

これからバイナリーオプションに挑戦するトレーダーのみなさん。

バイナリーオプションはFXや株と違い、とてもシンプルで攻略すれば確実に利益をあげていくことができる証券取引です。

突き詰めれば突き詰めるほどもちろん複雑にはなりますが、初心者の方でも簡単に始められる取引方法が勢ぞろいしていますので、気軽に始めてみましょう。

取引ルールはどれもシンプルなものばかりで、且つ短期間で取引を完結させることができるものが沢山あります。

まず初めは、トレンドをしっかりと読み、相場の流れに沿った予測を立てていく取引スタイルから始めるのが良いでしょう。

バイナリーオプションは、無茶をせずトレンドが明確になったタイミングでエントリーをし、それを少しずつ積み重ねて利益を上げていく方法が確実な必勝法です。

はっきりと相場にトレンドの方向性が見えた時にだけ、すぐにポジションをとることがコツです。

もちろんトレンドが上昇するか、下降するのか明確な場合にだけです。

ポイントは、レンジブレイクというタイミングです。

レンジ相場が続いていた後に、何かのきっかけで一気にトレンドと転換し上昇又は下降が始った瞬間のタイミングを指します。

それまで停滞していたにも関わらず、一気に動き出した相場は、高い確率でそこからある程度一定の方向性を持ったまま推移していくことになります。

このレンジブレイクをうまくつかむことができれば、トレンドに沿った確実な予測が出来てくるでしょう。

バイナリーオプションの攻略法の中で、もっとも単純で予測をつかみやすいのがトレンドに沿った順張り予測です。

高度なテクニックや知識、経験は必要なく、相場の流れに逆らわずに、そのままポジションをとるだけなので無理さえしなければリスクを軽減できるトレードスタイルです。

特に初心者の方には、レンジ相場や逆張り予測は高度なテクニックを要するため、トレンドの順張りから始められることをお勧めします。

誰が見ても明らかにトレンドが続くであろうというタイミングにだけ、コツコツと順張りで稼ぐことができれば必ず勝率をあげていくことができるでしょう。

とは言ってももちろん、むやみやたらな取引は危険です。

トレンド相場で順張り取引を行う際は、言うまでもなくトレンドを把握することが重要です。

今上昇傾向なのか、下降傾向なのか、買いと売りどちらが優勢なのかをしっかりとつかむことにポイントを置きましょう。

テクニカルチャートを上手に活用して、確かな予測を立てていくことが大切です。

ここで忘れてはいけないのが、バイナリーオプションは短期的な取引を特徴としており、1分や10分足らずで完結する取引が多いですが、テクニカルチャートは広い視野を持って活用するようにしてください。

長期的な目線でチャートを把握することによって、より確かなトレンドをつかむことができます。

そこからハイ&ローや60秒セカンズなどの取引における精度を上げ、勝率アップを狙いましょう。

バイナリーオプションを始めてまだ間もない方やこれから始める初心者のトレーダーの方々は、まずトレンド相場における順張りからマスターして、徐々に取引になれていくようにするのが成功するためのコツです。

順張りは、相場が今上昇傾向なのか下降傾向なのかをみて、そのトレンドに従ってポジション取りを立てていく取引スタイルです。

相場には上昇又は下降の勢いが強いトレンド相場と、ある一定の範囲内で相場が上がったり下がったりしながらも停滞するレンジ相場があります。

バイナリーオプションにおいてトレンド相場でもレンジ相場でも、トレーダーが抱えるリスクのパーセンテージはもちろん同じですが、レンジ相場では、何かのきっかけで相場がトレンドに転換するタイミングを見計らうのは少々テクニックを要しますので、傾向が顕著に表れているトレンド相場から始めるのが良いでしょう。

また順張りであれば、そのトレンドに逆らうことなく、流れに沿って予測を立てるので、初心者の方が行う取引という意味では、比較的リスクが少なく、シンプルに予測をして取引ができるかと思います。

ただ忘れてはいけないのは、バイナリーオプションでは大きな利益を一気に狙うのではなく、小さな利益をコツコツと積み重ねていくことで勝利を勝ち取っていくことが大切だと言うことです。

見るからにトレンドが一方通行だというタイミングだけを狙って、焦らずに一つ一つクリアしていけば良いのです。

バイナリーオプションを取り扱う取引業者は沢山ありますが、どこの業者で取引を行うかというのも、投資を成功させる上では大変重要な選択肢になります。

これから業者を決めるという方は、事前にしっかりとリサーチを行い、ご自分の予算やライフスタイルにあった業者を見つけてください。

事前にデモンストレーションを行える業者もあるのでそれを利用したり、予めサイトを調査して、使いやすいかどうかをしっかりと確認してから選ぶのが良いでしょう。

また一つの業者に絞って取引を続け、ある程度リズムをつかむことができれば他のバイナリーオプション業者にも登録して、複数を掛け持ちした取引を行ってみましょう。

これができるのもバイナリーオプションのメリットであり、上手に賢く稼ぐ必勝法でもあります。

業者によって、取引金額、最低投資額、手数料など様々な違いがあります。

取引金額をもう少し、少額な取引をしてみたい、手数料が高いので安い所で取引したいと思った時、複数の業者に登録をしていれば、条件にあった取引を行うことができるので大変便利です。

また画面のレスポンスや、波形、取扱取引ルールなども業者によって異なりますので、その日のトレンドや社会情勢などを考慮してケースバイケースで業者を使い分けましょう。

それは必ず取引に有利に働き、そして何よりリスクを減らすこともできます。

以上のように、バイナリーオプション業者の掛け持ちはメリットが沢山ありますのでぜひご活用ください。

バイナリーオプション取引を成功させるために、テクニカルツールは不可欠ですが、昨今のバイナリーオプション人気にともない、今沢山のテクニカルツールが登場しています。

様々なツールがある中で、トレンド予測や、トレンドの勢いをみるためにとても有効なツールがハイローバンドです。

今回は実際にハイローバンドのチャートの見方と使い方についてご紹介しましょう。

ハイローバンドは、ある定められた一定期間の最高値と最安値、そして平均値である中間の3本のラインから形成されています。

この3本の線がどのように交わっていくのかを見て、トレンド相場を読むことができ、法則に従って売り買いのサインを見極めることもできるのです。

まず、買いのサインですが、中間のラインを下から上に向かって通過する時、そしてローソク足が中間ラインから最高値のハイバンドにタッチした時です。

反対に、中間ラインを上から下に向かって通過する時、そしてローソク足が中間ラインから最安値のローバンドにタッチした時に売りのサインとなります。

このハイローバンドは、為替の値動きの勢いによって大きく影響を受ける為、バンドが中間ラインから大きく外れ幅広く推移する時には、トレンドが明確に現れます。

よって、とてもシンプル且つわかりやすく、信頼性も高いと言えます。

しかしバンドの幅が狭いまま推移する際は、騙しの可能性が高いので注意してください。

またレンジ相場では機能を発揮しませんのでトレンド相場にのみご活用ください。

バイナリーオプションを攻略する上では、その日のトレンドを把握しておくことはとても重要です。

トレンドの予測を立てる為の要素は沢山あります。

世界各国の経済指標や、ニュース、あらゆる出来事やイベントなどから為替の値動きを読んだり、市場が開く時間帯や時差を利用して相場がどのように動いていくかを予想したりなど、ファンダメンタルズ分析は欠かせない要素の一つです。

そして、それらの知識を日頃から身につけつつも、短期取引が多いバイナリーオプションにおいては、テクニカルチャートを上手に使って、その日のトレンドを読んでいくことも大切です。

テクニカルチャートには沢山の種類があり、ご自分の使いやすいものを見つけていただくことが重要ですが、それぞれの相場にあったテクニカルチャートを上手く使い分けることがポイントです。

ここではハイローバンドと呼ばれるテクニカルツールをご紹介しましょう。

見方も表示もとてもシンプルなので初心者の方にも簡単に取り入れていただけるかと思います。

ハイローバンドは、トレンド予測に最適なテクニカルチャートで、3本のラインから形成されています。

過去のある一定期間における、高値、つまりハイバンドと、安値、ローバンドを基準としてそれを更新すると売り買いのサインとして判断材料に使うことができます。

とても使い勝手が良いテクニカルツールとなりますが、これはトレンド相場に適したものですのでレンジ相場では参考にしないようお願いします。